社会福祉法人 吉野福祉会 大橋保育園

 

園での一日

0・1・2歳児

7:00早朝保育(勤務実態に応じて相談ください)

ご家庭でのお子様の様子や連絡事項を伝えて頂きます。
部屋での自由遊びを楽しみます。

8:300・1エリアへ移動

ご家庭でのお子様の様子や連絡事項を伝えて頂きます。
部屋での自由遊びを楽しみます。

9:00クラス保育・視診・触診・課題遊び・散歩等

年齢・発達段階に応じた遊びをグループごとに行います。

11:00給食・着替え

楽しく食事をとり、正しい食習慣に役立てます。

12:00お昼寝

基本的生活習慣の習得は、規則正しい生活時間の実施から始まります。年齢や季節、保育内容との関連を考慮します。

14:30起床

15:00おやつ・片づけ・掃除

おやつは、楽しく食べられるように工夫します。

16:00降園準備・設定遊び・自由遊び

お迎え時間まで自由遊び・課題遊びをします。

18:00延長保育

19:00閉園

3・4・5歳児

7:00早朝保育(勤務実態に応じて相談ください)

ご家庭でのお子様の様子や連絡事項を伝えて頂きます。
部屋での自由遊びを楽しみます。

8:30クラス保育・視診・触診

ご家庭でのお子様の様子や連絡事項を伝えて頂きます。
部屋での自由遊びを楽しみます。

9:00朝の集まり、活動・課題遊び・散歩等

集団遊び、リズム遊び、歌、散歩など、月間カリキュラムに添った保育を行います。

11:00給食準備(当番活動)

 

11:30給食・歯磨き・掃除

楽しく食事をとり、正しい食習慣に役立てます。

12:00着替え・布団敷き

基本的生活習慣の習得は、規則正しい生活時間の実施から始まります。

12:30お話・絵本・お昼寝

年齢や季節、保育内容との関連を考慮します。

14:30起床

 

15:00おやつ・片づけ・掃除

おやつは、楽しく食べられるように工夫します。

16:00降園準備・設定遊び・自由遊び

お迎え時間まで自由遊び・課題遊びをします。

18:00延長保育

19:00閉園

園での一日

<< 毎朝の活動 >> 雑巾がけと手押し車

  • ● 手押し車:手足の鍛錬と首・あごの強化になり、咀嚼力・滑舌がよくなります。
  • ● 雑巾がけ:指先の強さと雑巾絞りによる握力の強化につながります。

※ あごが強くなる=食べこみと集中力アップ
※ 握力=筆圧、おはし、集中力につながります。

  • 保育標準時間

    ■7時~18時/延長保育 18時~19時

  • 保育短時間

    ■8時30分~16時30分/延長保育 (朝)7時~8時30分、(夕方)16時30分~19時

    ※ならし保育:初めて入園したお子様が集団生活に慣れるため、保育時間を少しずつ長くしていくようにすすめています。
    最初に無理をして 保育園に行きたがらなくならないように。

    ●初日~2日目・・・10時30分降園、●3日目~4日目・・・12時降園、●5日目以降・・・15時30分降園など

  • 延長保育(料金)

    ■保育標準時間 [ 18時過ぎ:300円 ]

    ■保育短時間 [ 7時~8時30分迄:300円 ]、[ 16時30分~18時迄:300円 ]

    ☆仕事の都合やトラブルなどで、急に延長保育になる場合は必ず「電話連絡」をお願いします。

  • 休園日

    日曜日、国民の祝祭日、年末・年始

  • 登園・降園

    朝は 8時50分までに登園しましょう

    年長児は入学に向け、8時30分までに登園をしましょう!

大橋保育園 年間行事計画予定

心身ともに健やかに!

 

子どもを大事にしすぎて、暑い、寒い、きつい、危ないなどの苦しいことから遠ざけ、少しばかりの苦しみから一時的に守ってやることによって、将来どれほどの事故と危険を子どもにもたらすか、弱い子ども時代をいつまでも続けさせて大人になった時に苦労せるのは、どんなに残酷な心づかいであるかを大人が考えていない。 (J.ルソー 「エミール」より)

しつけ:強制しません

 

大人が良かれと思って、大人の都合のいいように行動することを求めて、外側から強制(しつけ)することで内なる欲求が抑圧され、子どもたちには「自己否定感」が育っていく。「生きる力」は、自己肯定感の上で強くなるが、しつけをすることで成長するにつれ「積極性、行動力、バイタリティー」がだんだん失われていく。(天外伺朗)

「生きる力」のために、大橋保育園ではしつけではなく自治活動をすすめていきます。

ケガをしない子に育てたい!

 

細心の注意を払って保育をしていますが、 不可抗力等でケガをすることもあります。 保育者としては大変な責任を感じるのですが、ケガをさせてはいけないと思うあまりに 禁止事項の多い生活になっては消極的な保育になりかねません。幼児期に危険予知能力、危険回避能力が育っていない子は、小学校以上になって大きなケガや失敗に遭遇することをよく聞きます。

ケガをさせない保育ではなく、「ケガの経験を克服」しながら「ケガをしない子ども」に育てたいと考えています。

伸び伸びとした遊びの展開から冒険心やチャレンジ精神が育つ豊かな環境の提供と ダイナミックな保育に 取り組めると思っています。